省エネルギーに対する取組

都会でも緑で潤いが出る

地球温暖化の進行が激しくなっており、省エネルギーの重要性が増加しています。都心でもエネルギー効率を目的として屋上緑化を採用するケースが増加しています。一般的に屋上は開放しませんが、屋上緑化を実施した場合には、一定のルールを定めて屋上を開放するケースが見られます。屋上に上ると風を感じると同時に緑が目に入って潤いを感じます。仕事に疲れた時に利用すると気持ちが和むことによって、更なる意欲を醸成することができます。

屋上緑化には防水が重要

屋上緑化工事を行う場合には防水工事が重要となります。定期的に水を与えなければなりませんし、植物は時間の経過とともに根を張りだすことになるので、防水計画を立てる際には十分な事前の検討が必要となります。従来の屋上工事では全面的にアスファルト防水を採用するのが一般的でしたが、屋上緑化に際しては植物の特性に応じていろいろな防水材の組み合わせや施工方法を検討する必要があり、このことが事後の漏水等を防ぐことに繋がります。

屋上緑化は日常の管理が重要

屋上緑化に採用する植物は基本的に常緑の植物となりますが、日常の管理が重要です。定期的に水分の補給を行わなければありませんので、スプリンクラーの設置等が不可欠になっています。常緑の植物でも風や雨によって葉が落ちて屋上が汚れますので清掃などの維持管理は手間がかかります。しかしながら太陽が直接建物に注ぐことは防ぐことが出来ますので、特に最上階の温度の上昇を抑えることが出来ますので、省エネの効果が期待できます。

屋上緑化によって、生活空間に癒しをもたらし、省エネや都市高温化を緩和するといったメリットなどがあります。

by