古銭の保管方法は気をつかって保管するのが大事

湿気にさらさないようにする

古銭を保管する上で一番大事なことは湿気にさらさないようにするということです。古銭を湿気にさらしてしまうと、サビが発生してしまったり、劣化してしまうことがあるので、古銭としての価値を著しく低下させてしまうことにもつながります。せっかく大事に集めたコレクションはいつまでもベストな状態で保管しておくのが一番ですから、古銭収集をされている方は、湿気の少ない乾燥した場所に、コインを保管するようにしましょう。

扱う際には手袋を利用する

古銭を扱う際には手袋をなるべく使うようにしましょう。手垢や指紋などをつけた状態にすると、その部分から汚れが付着していったり、光沢のある部分を劣化させてしまうことも珍しくないので、古銭をケースの中から取り出したり、持ち運んだりする際には、素手で扱うのは避けて手袋を着用した状態で扱いましょう。高品質な状態に保ち続けていくことで、コレクションの価値が上がっていきますから、観察したり移動する場合には注意しましょう。

なるべくケースに入れて保管する

手袋を保管する際にはなるべくケースの中にしまっておくようにするのがベストです。なぜならば、直射日光の当たる場所においたり、高温多湿の場所に保管すると、新品の状態のコインでも劣化は避けられないからです。古銭収集をしていく上で将来的にその古銭を売却される予定の方は、乾燥剤が入っているケースに入れて保管しましょう。乾燥した状態で保管すると、経年劣化やサビに汚れなどを防ぐことができるので安心して保管できます。

古銭の買取は買取業者により価値や買取価格が異なります。古銭を専門に扱っていてプロの査定士がいる業者での買取がおすすめです。

by